スノーボードのワックス

スノーボードのワックス

スノーボードにワックスをかける目的は、よく滑るようにするためと滑走面の保護のためです。
ワックスをかける場所は、ボードのソール、雪面と接地する側です。
ボードのソールは、ワックスが染みこむように出来ています。
ソールに使われている素材は、ある温度に暖めると開き、冷やすと閉じます。
スノーボードのスプレーワックスは、簡単にワックスをかける事が出来ますが、塗っただけだと抵抗が多くなりよけいに滑らないばかりか、そのままだと、すぐにワックスが落ちてしまいます。
ですからワックスをかけたら乾燥させ、その後でコルクを使ってソールを磨きます。
コルクですることによって、摩擦熱でソールの素材を開かして表面に塗ったワックスの成分を染みこませるのです。
ホットワックスかけにはアイロンを使います。
温めると開く性質を利用して、アイロンでワックスを融かしながらソールも温められるので、ワックスが染みこみます。
全体にかけたらしばらく置いて冷やします。
冷やしたらスノーボードのソール表面に残っているワックスを削ります。
ホットワックスで使うワックスは、ベース用とトップ用の二つあります。
一番最初にベース用のワックスをかけ、次にトップ用のワックスをかけます。
初めにベースワックスをかけたほうが、ワックスの耐久性、滑走ワックスの性能発揮に良いのです。
ただ、普通に滑走したりジャンプに挑戦したりする場合には、滑走ワックスのみで十分すべるスノーボードになります。

関連ページ

スノーボードの選び方
スノーボードは1枚の板で雪上を滑るスポーツです。幅広い年代の方に親しまれていますが、始めたばかりのころに怪我をしてやめてしまう人も少なくありません。ここでは初心者の方向けに必要な準備について解説しています。
スノーボードウェアについて
スノーボードは1枚の板で雪上を滑るスポーツです。幅広い年代の方に親しまれていますが、始めたばかりのころに怪我をしてやめてしまう人も少なくありません。ここでは初心者の方向けに必要な準備について解説しています。
スノーボードのブランド
スノーボードは1枚の板で雪上を滑るスポーツです。幅広い年代の方に親しまれていますが、始めたばかりのころに怪我をしてやめてしまう人も少なくありません。ここでは初心者の方向けに必要な準備について解説しています。
スノボー初心者に適したボード、ブーツ、ビンディングの選び方
スノーボードは1枚の板で雪上を滑るスポーツです。幅広い年代の方に親しまれていますが、始めたばかりのころに怪我をしてやめてしまう人も少なくありません。ここでは初心者の方向けに必要な準備について解説しています。